比較さんのDIYブログ

これからDIYを始めるので、その記録を残そうと思います。

IoTで玉ねぎチェッカー作成!

f:id:hikaku_san:20180512175914j:plain

玉ねぎチェッカー作りました!

みなさん、お久しぶりです。比較さんです。

約半年の長い制作期間を経て、超大作「玉ねぎチェッカー」が完成しました!

イメージは上図の通り。

玉ねぎの重さや個数をIoT機器でネット上に送り、スマホからチェックできるようにしました! 

用途

 仕事帰り、スーパーに寄った時、こんなことを思うことないですか?

「あれー、家にまだ玉ねぎあったかなー?」と。

玉ねぎチェッカーは、それを解決してくれます!

外にいながらにして、家に玉ねぎが何個あるか分かるようになります!

作り方

1. まず重さセンサーを用意する 

 ロードセルセンサーとHX711というセンサーモジュールを購入しておきます。

ロードセルを取り付ける板を用意します。

f:id:hikaku_san:20180512184631j:plain

ロードセルセンサーは、下のように重量がかかったら曲がるようにベニヤ板に取り付けます。

f:id:hikaku_san:20180512184411j:plain

上の写真はベニヤ板とロードセルの間にナットを挟んでスペースを作りましたが、スペーサーとかを使った方がよかったです。(とんでもなく苦労しました・・・。)

ちなみにロードセルはM4とM5の二種類のネジ穴が空いているので注意してください。

 

上からみるとこんな感じ。

f:id:hikaku_san:20180512184949j:plain

これ見てわかるように、ネジはできるだけフラットな頭の方がいいです。 

2. 重さセンサーとIoT機器を繋げる

だいたいこんな感じで作っていきます。

f:id:hikaku_san:20180512222514j:plain

用意するもの

1. NodeMCUというIoT機器。家のWiFiに繋げてインターネットに接続できます。

 2. 16x2のLCDディスプレイ(HD44780)。玉ねぎの重さなど表示させます。

3.  HD44780のLCDをI2Cに変換するモジュール。上記LCD単体でも機能しますが、配線の節約のためにこのモジュールが必要になります。

4. タクトスイッチ4つ。「ZEROボタン」「ONEボタン」「OFFボタン」「ONボタン」用に。

store.shopping.yahoo.co.jp

ブレッドボードだとこんな感じ

f:id:hikaku_san:20180512234017j:plain

この右側に伸びてる赤、緑、黒、白の配線とロードセルの配線を繋げます。

3. ハードウェアを完成させる

ブレッドボードの配線の通りにプリント基盤を発注

上のブレッドボードの配線で、プリント基盤を発注しました!

f:id:hikaku_san:20180513001008j:plainf:id:hikaku_san:20180513001328j:plain

こんな感じ。

Seeed Studio というところで発注しましたが、
基盤10枚で400円と激安でした(送料が2000円かかりましたが・・・)。

ちなみに基盤の設計は Fritzing というソフトを使いました。
ブレッドボードに配線をポチポチ繋げるだけで設計ができるのでとても簡単!

半田付けしていく

あとは、NodeMCUやタクトスイッチ、HX711などを基盤に半田付けしていきます。

f:id:hikaku_san:20180513001633j:plain

半田のノリも良いです。

f:id:hikaku_san:20180513001549j:plain

こんな感じになりました。めっちゃ簡単です!

実は最初、ユニバーサル基盤でやろうとしましたが、その時はめっちゃ時間かかって結局失敗しました・・・。

f:id:hikaku_san:20180513011147j:plainf:id:hikaku_san:20180513011308j:plain
↑は失敗したやつです。配線の半田は難しい・・・。

全て繋げる

出来上がった基盤と重みセンサー、LCDディスプレイなどを繋げていきます。

f:id:hikaku_san:20180513001839j:plain

重さセンサーの中に機器を入れていきます。

f:id:hikaku_san:20180513001906j:plain

最終的にこんな感じになりました!良い感じです!

f:id:hikaku_san:20180513002004j:plain

4. ArduinoIDEでソフトウェアを開発

ただ機械を繋げただけでは、玉ねぎは測れません。

玉ねぎを測定し、ネット上にデータを送るプログラムを書いていきます。

AmbientというIoTデータ可視化サービスを使います

玉ねぎのデータをネット上のどこかに保存しておかなければいけません。
そこで、IoTのデータを貯めて置けるサービスを利用します。

Ambient – IoTデーター可視化サービス
というサービスを使って玉ねぎの重さと個数をインターネット上に保存します。

AmbientにはArduinoIDE用のライブラリがあるので、それをインストールしておきます。

プログラムの概要(設定モード)

設定モードでは、IoT機器が自宅のWiFiと接続できるように設定します。

  • OFFボタンを押しながら起動すると、このモードが始まる
  • WiFiアクセスポイントを起動
  • 自宅のWiFiと繋げるための設定ページを提供するWEBサーバーを起動
  • PCなどから設定したWiFi設定情報はファイルに保存
プログラムの概要(通常モード)

通常モードでは、1時間に1回起動し玉ねぎの重さをAmbientに送る処理を実行します。

  • 設定したWiFi情報をファイルから読み込み、WiFi接続
  • 重みセンサーから重さを読み取り、LCDに表示する
  • 「ZEROボタン」を押すと、現在の重さを0としてセットします
  • 「ONEボタン」を押すと、現在の重さを1個の重さとしてセットします
  • 「OFFボタン」を押すと、現在の重さと個数を計算してAmbientにデータを送り、1時間Sleepします
  • 起動後90秒経つと、「OFFボタン」を押した時と同じ処理を実行します
  • 「ONボタン」を押すとプログラムがリスタートされます

5. Ambientアプリから玉ねぎの個数を確認

Ambient には iOS/Android のアプリがあるので、そちらで玉ねぎの個数を確認します

Ambientリーダー(iOS
Ambientリーダー

Ambientリーダー

  • ユーティリティ
  • 無料
Ambientリーダー(Android

6. 完成!

以上で玉ねぎチェッカー完成しました!

 

youtu.be

これでいつでも玉ねぎの個数を確認できます!

 

次回は何作ろうか考え中です!

自作卓球マシンを作る(8):ついに完成!

f:id:hikaku_san:20171223140934j:plain

自作卓球マシン、ついに完成!

こんにちは。比較さんです。

比較さんというサイトを運営しています。)

今回は、これまで作成した発射部と土台部を組み合わせ、

配線を繋いで卓球マシンを完成させます!

 

0. 部品紹介

発射部

第4回で作成した卓球マシンの心臓部、発射部です。

f:id:hikaku_san:20171123090615j:plain

 

hikaku-san.hatenablog.com

 

土台部

前回作成した、土台部です。

f:id:hikaku_san:20171217103633j:plain

 

hikaku-san.hatenablog.com

塩ビパイプのコネクタ

VU-DS40というのをホームセンターで買いました。

f:id:hikaku_san:20171223142134j:plain

ネットで買うならこの辺でしょうか。

hb.afl.rakuten.co.jp

 

1. 発射部と土台部を組み立て

上記の部品を組み立てます。

f:id:hikaku_san:20171223142902j:plain

だいぶ様になってきました!

 

2. 配線を繋げて完成!

まずスイッチ付きの電池ボックスを組み立てます。

f:id:hikaku_san:20171223143247j:plain

 

f:id:hikaku_san:20171223143411j:plain

できました!

 

コードを用意して、繋いでいきます。

 

100均(DAISO)に、配線コードを繋ぐ便利な端子が売ってたので、今回はこれを使います。

f:id:hikaku_san:20171223143530j:plain

 

こんな感じに繋いでいきます。

f:id:hikaku_san:20171223144115j:plain

f:id:hikaku_san:20171223144144j:plain

 

そして・・・

 

ついに・・・

 

できました!!!!!

 

f:id:hikaku_san:20171223143705j:plain

 

完成です!

 

・・・どうでしょう!?

 

なかなかいい感じじゃないですか!?

 

さらにピンポン球を18個も買いました。

f:id:hikaku_san:20171223143848j:plain

 

ついに完成です!!!

 

3. 動かしてみる


自作卓球マシン完成!

 

実際に動かしてみました!

どうですか!?

ちゃんと詰まることなく発射されてます!

 

ちょっと早すぎますが・・・。

ちょっとこれだと打ち返せないですねw

 

まあ一旦これで良しとしましょう!

スピード調整はまた今度ということで。

 

次は、うちのDIY部屋がカオスになってしまっているので、

これを整理する棚でも作ろうかなと考えています。

 

いまこんな感じ・・・。

f:id:hikaku_san:20171223145725j:plain

 カオスですね・・・。

 

過去の記事

 

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

 

自作卓球マシンを作る(7):土台部(3)

f:id:hikaku_san:20171217091121j:plain

土台部(3):ピンポン球送り出し部分再作成

みなさんこんにちは。比較さんです。

比較さんというサイトを運営しています。)

今回は、前回作成して失敗したピンポン球の送り出し部分を再作成します。

前回はバケツ内の歯車とピンポン球が引っかかり、うまくいきませんでした。

1. 歯車の再作成

前回の失敗の原因である歯車を再作成します。

バケツを買い直したので、こちらのバケツに合わせて設計していきます。

f:id:hikaku_san:20171217091524j:plain

DAISOで買ったこのバケツは直径15cmなので、歯車を以下のように設計します。

  • 歯車の凸部分の直径を100mm
  • 歯車の凹部分の直径を50mm

f:id:hikaku_san:20171217092119j:plain

ちなみに歯車用の板も新しく購入しました。

薄めの板が良さそうだったので、厚さ5.5mmのものを購入。

 

前回の歯車と比べると小さくなっているのがわかります。

f:id:hikaku_san:20171217092400j:plain

 

以下の太線のようにカットしていきます。

f:id:hikaku_san:20171217092438j:plain

 

ジグソーで切っていきます。

f:id:hikaku_san:20171217092547j:plain

 

細かい作業なんで大変です・・・。

f:id:hikaku_san:20171217092621j:plain

 

カットできました!

f:id:hikaku_san:20171217092644j:plain

ちょっと汚いですけど、まあいいですよね。

 

バケツの中に入れてみると、こんな感じ。

f:id:hikaku_san:20171217092725j:plain

これくらいの大きさで十分ピンポン球に引っかかるんですね。

 

2. 歯車にクランクアームとシャフトを取り付ける

前回同様、歯車にクランクアームを取り付けシャフトも取り付けます。

f:id:hikaku_san:20171217093026j:plain

 

5.5mm厚の板だと木ネジが突き抜けてしまったので、板の切れ端で受け止めます。

f:id:hikaku_san:20171217093118j:plain

ちょっとダサいけど気にしない!

 

バケツに穴を開けて試してみる

f:id:hikaku_san:20171217101446j:plain

電動ドリルで穴を開けて、ピンポン球の回転を試してみます。

 


バケツ内でピンポン球を回す

 

スムーズ!これならうまくいきそうです。

 

3. バケツに塩ビパイプ用の穴を開ける

前回は半田ごてで穴を開けましたが、

異臭がしたし、とても汚かったので、思い切って自在錐を買いました!

 

塩ビパイプの直径48mmに合わせてカッターの幅を調節します。

f:id:hikaku_san:20171217101839j:plain

 

早速カットしていきます。

f:id:hikaku_san:20171217102202j:plain

 

綺麗にカットできました!

f:id:hikaku_san:20171217102232j:plain

 

半田ごての時と比べるとえらい違いです。。。

f:id:hikaku_san:20171217102300j:plainf:id:hikaku_san:20171217102330j:plain

みなさん、バケツに穴を開けるときは自在錐を使いましょう。

 

塩ビパイプも綺麗にはまりました。

f:id:hikaku_san:20171217102458j:plain

f:id:hikaku_san:20171217102515j:plain

 

4. 土台の天板にバケツを設置

前回から、天板につけているギアボックスからモーターが落ちるという問題がありましたが、

f:id:hikaku_san:20171217102801j:plain

モーター部分を布切れで固定しました。

ちなみに布切れはユニクロで、ズボンの裾直しをした時に余った切れ端です。

 

こんな感じに固定していきます。

f:id:hikaku_san:20171217103013j:plain

 

木ネジで固定します。

f:id:hikaku_san:20171217103053j:plain

このとき、歯車のシャフトがギアボックスにしっかり通ることを確認しながら固定するように気をつけます。

 

塩ビパイプも通します。

f:id:hikaku_san:20171217103232j:plain

f:id:hikaku_san:20171217103350j:plain

 

5. 天板を土台に設置する

木ネジで取り付けていきます。

f:id:hikaku_san:20171217103501j:plain

f:id:hikaku_san:20171217103540j:plain

 

塩ビパイプをサドルバンドで固定します。

f:id:hikaku_san:20171217103633j:plain

 

できました!

 

だいぶ完成してきました!!!

 

あとは、発射部と組み立てて、配線を繋げれば完成です!

次回には完成しそうです!!

 

あと少しですね。

 

過去の記事

 

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com

hikaku-san.hatenablog.com